住宅ローンの返済ができないまま、競売にかけられてしまうとどうなる?

住宅ローンの返済ができないまま、競売にかけられてしまうとどうなる? 競売にかかるとご自宅は無条件で差し押さえられ、安価に強制的に売却されてしまいます 住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、早ければ3ヶ月、遅くても6ヶ月で銀行など金融機関はその不動産を差し押さえます。 そうなってしまうと、法律に則り裁判所の主導のもとに競売にかけられ売却されます。この家にずっと住み続けたい、もうちょっと待ってほしい、あなたのそんな想いは関係なく、第三者があっという間に手続きを進めます。 競売の入札御、購入者が決まれば、元の所有者に抵抗できず、速やかに退去しなければなりません。 購入者の落札価格よりも残った住宅ローンの額の方が多ければ、借金はそのまま残ります。引越して賃貸に住居を移したとして、その賃料を支払いながら住宅ローンの残債務も支払わなければなりません。 経済的・金銭的な問題だけでなく、競売になると、 氏名・住所が競売情報として公開され、ご近所や知人に知られてしまいます 競売になると多くのリスクが付きまとい、精神的に深い傷を負うことになります。大切なのは、将来のことです。できるかぎり競売だけは避けていただきたいのです。 競売を避けるために、任意売却があります。任意売却は、競売と比べると有利に働きます。競売が開始されてしまう前に行動を早く起こせば、競売に掛けられるよりは、任意売却という手段を使えば、良い結果になる可能性が高いです。

住宅ローンが残っていても家を売却できるのか?

住宅ローンが残っていても家を売却できるのか?   住宅ローンの返済中であっても売却は可能です。ほとんどの場合はオーバーローン状態であるケースがおく、まずそれを解消しなければなりません。基本的に残債務を全額返済できなければ、金融機関が持つ抵当権を抹消することはできず、売却ができません。まずはマイホームの現在の市場価格を調べた上で、市場価格と住宅ローンの残債務の差額を確認することが必要です。 売却されたい理由が退職や失業、転職などによる収入減が原因で返済が難しいといった経済的な理由や、夫婦仲の悪化で離婚のタイミングで売却したいといった理由など、様々な理由がありますが、住宅ローンの残債務を全額返済できなければ、売却することは出来ないのです。 通常、市場価格と住宅ローンの残債務の差額は数百万円程度になりますので、 売却されたいのだが、売却したくても売却できない方が多いのが現実なのです。 売却を考えてらっしゃる方はまずは、マイホームの現在の市場価格を調べてください。査定は無料で行っております。そして、ローンの残額と、支払える金額を考慮して検討してみてください。 マイホームを査定するに当たり、必ず、近年の地価相場や、固定資産評価額を、ネット等で、調べておきましょう。あまりにもかけ離れた、査定金額は、何か理由があるか、きちんと査定されてないかもしれません。 便利なネットで、似たような、条件の家と照らし合わせてみもいいでしょう。 査定がおかしいなとおもったら、2件、3件と他社も査定に出してみてください。

不動産投資は何がいいの?

不動産投資は何がいいの? 不動産投資は家族のための保険にもなります 不動産をローンで買った場合、団体信用生命保険の範囲額内となる物件であれば、 もし何かあった場合、物件の融資残額は 全て0となります。数千万円の物件と、 その家賃収入が全て遺族のもとに残るのです。 不動産を複数所有し、資産組み替えの道が見えれば、 年金や養老保険などの心配からも解放されます。ローンを支払い、手元にキャッシュを残しながら、ローンを完済し、不動産を売却するか、そのまま、賃貸収入を選ぶようにしたいですね。 その賃貸収入は将来のあなたを救います。年金減額や年金需給開始の年齢変更などのニュースを見て心配する必要もなくなるのです。本当の意味での自由をてにして、不安な生活を送ることもないのです。   不動産投資は、特にサラリーマンに向いています。 収入不安を無くするためにも、不動産投資を検討しましょう もし会社が倒産したら? 転職がうまくいかなかったら? 将来年金が破綻したら?数年以内にリストラされたら? 体を壊して働けなくなってしまったら? 給与収入が途絶えるリスクは、考えればきりがありませんよね。 様々なリスクを回避する為に他の収入を持っておく ことは、これからの混沌の世の中では必要なことですね。 大型倒産・大型人員削減が絶え間なく行われる世の中となりました。 安定した収入を求めるのであれば、 会社や国に頼らず自分で道筋をつけていく必要があります。 副収入があれば、ゆとりができ、精神衛生上にも良いです。 副収入で生活が成り立てば、給与が下がっても環境の良い職場へ転職することもできます。   不動産投資は、未来の自分の選択肢を増やす為の副業として考えてみてください。 不動産投資のメリットは 本業が忙しい中でもできる。 例えばFXであれば、日本市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場が開いている時間は目を離せなくなってしまうので、サラリーマンを続けながらではなかなか難しいですよね。株式投資も同様です。市場の動きが 気になってしまい、仕事が手につかなくなることもあり、市場が自身の思惑と乖離した場合には、それこそ仕事に集中できなくなるかもしれません。また、仕事中に、相場が変動して、大損する可能性すらあります。 そういったリスク、時間拘束がないところが、 不動産投資のメリットです。 放っておいても、不労所得を得られる 可能性が高い点が、時間的制約の 多いサラリーマンに相性がよいですね。   資産形成できる、不動産と出会いましょう!

不動産投資は不労所得??

不動産投資は不労所得?? 不労所得というのはどういうこと なのかを考えていきます。 読んで字のごとく、労をしないで、所得を得るということだと想像がつきます。 労というのは働くことで、働くことは肉体労働に限りませんので、 継続的時間的拘束・身体的拘束を 伴う労働活動のことを労とします。 つまり、継続的な時間的拘束・身体的拘束を 伴わないで得る所得を不労所得とします。 例えば、一日の中で少しの時間パソコンに 向かうネットビジネス 一日中ネットを通じてどこかの市場に 目を通し続けなければならない 株式投資やFXなどは、時間的拘束が 多くなってしまい、不労ではなくなります。 さて不動産投資はどうでしょうか? 不動産投資は、所有している不動産に入居さえあれば 何もしなくても家賃収入が入ります。入居者さえいれば収入が 入る点が、不労所得といわれる理由です。 何もしないということはありえないと いう方もいますが、自分だけで 仕事をするのではなく、外注したり、雇ったりすることで、仕組みさえ整えれば、ほとんど何もせずに 家賃収入を得ることは可能です。 不動産投資と他の投資との比較 すると、不動産賃料には他の投資にはないメリットがあります。 他の不労所得を例にあげると、例えば株はストップ高・安は ありますが、大きく価値が下がる場合もあります。 それに比べ、不動産はあのリーマンショックの時でさえ、 家賃10万円の部屋が5万円になることもありませんでした。 東京で価格1億円の土地が 5千万円になるということもありませんでした。 ある程度価値が下がらないということは、 投資においてこれ以上ない安心感があることでしょう。 不動産投資ので資産の設計 資産を残したいのなら、不動産投資でしょ! 産投資のメリットで一番大きいことは、返済を滞りなく 行った結果、不動産という財産が残ることです。 残債がなくなった段階で売却すれば売却益が手に入ります。 定年を迎えるまで給与所得だけでは、 資産を増やすのは至難の技です。 […]

住宅ローンを滞納してしまい「催告書」が届いた!!

住宅ローンを滞納してしまい「催告書」が届いた!!   催告書は、法的手続きへ移るための前提になる通知で、金融機関からの最後通知ともいえます。このとき絶対にしてはならないことは無視をすること。金融機関に出向き返済の相談をしたり、指定の金額を支払ったり、金融機関とコンタクトを取りましょう。 住宅ローンの返済が何ヶ月も滞ってしまうと、その数ヶ月の間に ご連絡 来店依頼 督促状 といった電話での連絡や郵便物が金融機関から届きます。これらを無視するなどして住宅ローンを放置していると、次に届くのが催告書です。 催告書の文面はその金融機関によって様式も種類もさまざまですが、多くの場合は、期日までに支払いをしなければ、法的手続きに移行します といったような内容です。 催告書 は、法的手続きへ移るための前提になる書類です。最終的には競売になる可能性があり、催告書は金融機関からの最後通知です。 もし、催告書が届いても、指定された期日までに指定の金額を支払うことができれば、ひとまず当面の問題は解決となります。 しかし、さまざまな理由から住宅ローンの支払いが困難と判断された場合には、催告書に記載されているように法的な手続きに移行し、最終的には競売にかけられることになります。 長期間、住宅ローンの支払いを催促される通知で、精神的に参ってしまっている方も少なくはありません。しかし、催告書はこれまでの通知とは全く異なりますので、ここで適切な対応をしなければ、マイホームを失ってしまうことになりかねません。 ですので、催告書が手元へ届いたら、次のことを検討してください。 1金融機関に出向いて、住宅ローンの支払いについて相談をする まずは金融機関に出向き、住宅ローンの支払いについて相談をしましょう。 2 指定の金額を支払う この時点で、ほかの金融機関等から、借りて支払った場合、この場の問題は解決できても、将来的な支払いまでは解決できません。収入のバランスが取れない場合、次のことも視野に入れてみてください。   3 任意売却を検討する もし、催告書に記されている金額を指定の期日までに支払えない、今回支払うことができても今後が不安であれば、金融機関も次のステップにはいってしまいます。競売の手続きに入ってしまう前に、任意売却を選択肢に入れてみてください。 放置していても、状況は悪化するばかりです。まだ、あきらめずに手をうちましょう。

住宅ローンを滞納してしまうと!!

住宅ローンを滞納してしまうとどうなるでしょうか? 住宅ローンを滞納すると、早ければ3か月程度であなたは「期限の利益」を喪失し、住宅ローンを分割で返済できなくなリ一括返済を求められます。住宅ローンの返済が苦しくなってきたら、早めに住宅ローンを組んだ金融機関に相談しましょう。弁護士等に相談すると、破産等の提案をされるので、住宅ローンの専門家等にご相談しましょう。 住宅を購入時の計画と、収入計画がずれてしまった場合、毎月の住宅ローンの支払いに悩むことに。 現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払ってきたけど、将来的に心配」とか、「家を売りたいのだが、住宅ローンの残金が多い。」など、この先の返済の不安を口にされる方や、実際に住宅ローンを滞納してしまったらどうなるのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか? 住宅ローンを滞納してしまったらどうなるのでしょうか。 滞納して数日後 金融機関から「引き落としがされていません」と連絡があり、「指定の期日に再引き落としをしますので、ご入金をお願いします」との連絡があります。 滞納1ヵ月後 1ヶ月滞納すると、「期日までに延滞金と利息を至急ご入金ください」といった内容の手紙が届きます。 滞納2ヵ月後 住宅ローンの滞納が2ヶ月になると、金融機関側も「支払い不可能になるかもしれない」と予測し、「滞納分の支払いをしないと、代位弁済になります」という内容で「督促状」や「催告書」を送付するようになります。「代位弁済」とは、あなたが返済ができなくなった場合に保証会社があなたに代って金融機関へ一括で住宅ローンの返済を行うことです。代位弁済後、あなたは保証会社から一括返済を求められることになります。 滞納3ヶ月後 3ヶ月滞納してしまうと代位弁済となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなってしまいます。「期限の利益の喪失」です。そのため、金融機関は「競売」の手続きを開始します。 滞納4~5ヶ月後 裁判所の職員が自宅に来て、室内の写真撮影や事情聴取などが行われます。競売の準備です。 滞納6ヶ月後 「競売期日通知」が届きます。それまでは、何の音沙汰もないので、驚かれることと思います。「競売期日通知」とは、競売が開始となる日時を知らせる通知で、拒否はできません。 住宅ローンを滞納すると、このように話が進んでしまいます。事態が重大化・深刻化してしまう前に、競売を回避することを希望される方がほとんどです。 専門家によっては、任意売却を勧められるかもしれませんが、 まずは、ご自身の収入と支出を把握して、最低限の支払いできる金額を認識してから、銀行等の借入先に相談することを、滞納する前に、検討してください。  

マンション投資のまとめ

マンション投資のことを知る 長期安定した運用を目指す。 それが、マンション投資。 マンション投資とは、不動産投資のひとつ。利益を得るために、マンションに投資することです。 マンション投資のメリットとリスクを知る メリットとリスクを知ると、 資金の計画も、将来の対策も明確にできます。 比較的安定した利益が見込めるマンション投資。相続対策や生命保険代わりなどさまざまなメリットがあります。しかし、投資である以上、リスクもしっかりと理解することが大切です。 マンション投資の流れを知る はじめてのマンション投資は、 プロセスを知ると、スタートからスムーズ。 マンション投資の特徴がわかると、すぐにでも希望のマンションを探したいもの。でも、よりよいマンション投資をはじめるには、投資の流れを知っていくことも大切です。 マンション投資の税金を知る 投資計画の前に、購入・運用に関する税金を知る。 それが、よりよい運用の近道になります。 運用のコストと利益を知る 自分にあったマンション投資は、 まず、物件探しより、運用計画の明確化を。 お客様の理想の運用を、もっとハッキリをさせるための、初期費用、ランニングコストなどを理解していることで、目的にあった運用につながります。 将来の売却について知る スタート前に、ゴールを見据える。 それも、マンション投資の計画のうち。 それは、出口戦略。「利益がある程度見込めた時点での売却」、あるいは「子供達に相続させた後に売却」など、最終的な「売却」を見据えることでもあります。