住宅ローンの返済ができないまま、競売にかけられてしまうとどうなる?

住宅ローンの返済ができないまま、競売にかけられてしまうとどうなる?

競売にかかるとご自宅は無条件で差し押さえられ、安価に強制的に売却されてしまいます

住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、早ければ3ヶ月、遅くても6ヶ月で銀行など金融機関はその不動産を差し押さえます。

そうなってしまうと、法律に則り裁判所の主導のもとに競売にかけられ売却されます。この家にずっと住み続けたい、もうちょっと待ってほしい、あなたのそんな想いは関係なく、第三者があっという間に手続きを進めます。 競売の入札御、購入者が決まれば、元の所有者に抵抗できず、速やかに退去しなければなりません。

購入者の落札価格よりも残った住宅ローンの額の方が多ければ、借金はそのまま残ります。引越して賃貸に住居を移したとして、その賃料を支払いながら住宅ローンの残債務も支払わなければなりません。

経済的・金銭的な問題だけでなく、競売になると、
氏名・住所が競売情報として公開され、ご近所や知人に知られてしまいます

競売になると多くのリスクが付きまとい、精神的に深い傷を負うことになります。大切なのは、将来のことです。できるかぎり競売だけは避けていただきたいのです。

競売を避けるために、任意売却があります。任意売却は、競売と比べると有利に働きます。競売が開始されてしまう前に行動を早く起こせば、競売に掛けられるよりは、任意売却という手段を使えば、良い結果になる可能性が高いです。