住宅ローンを滞納してしまうと!!

住宅ローンを滞納してしまうとどうなるでしょうか?

住宅ローンを滞納すると、早ければ3か月程度であなたは「期限の利益」を喪失し、住宅ローンを分割で返済できなくなリ一括返済を求められます。住宅ローンの返済が苦しくなってきたら、早めに住宅ローンを組んだ金融機関に相談しましょう。弁護士等に相談すると、破産等の提案をされるので、住宅ローンの専門家等にご相談しましょう。

住宅を購入時の計画と、収入計画がずれてしまった場合、毎月の住宅ローンの支払いに悩むことに。

現時点では住宅ローンの滞納はなくても「今まで滞納することなく支払ってきたけど、将来的に心配」とか、「家を売りたいのだが、住宅ローンの残金が多い。」など、この先の返済の不安を口にされる方や、実際に住宅ローンを滞納してしまったらどうなるのかとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

住宅ローンを滞納してしまったらどうなるのでしょうか。

滞納して数日後
金融機関から「引き落としがされていません」と連絡があり、「指定の期日に再引き落としをしますので、ご入金をお願いします」との連絡があります。
滞納1ヵ月後
1ヶ月滞納すると、「期日までに延滞金と利息を至急ご入金ください」といった内容の手紙が届きます。

滞納2ヵ月後
住宅ローンの滞納が2ヶ月になると、金融機関側も「支払い不可能になるかもしれない」と予測し、「滞納分の支払いをしないと、代位弁済になります」という内容で「督促状」や「催告書」を送付するようになります。「代位弁済」とは、あなたが返済ができなくなった場合に保証会社があなたに代って金融機関へ一括で住宅ローンの返済を行うことです。代位弁済後、あなたは保証会社から一括返済を求められることになります。

滞納3ヶ月後
3ヶ月滞納してしまうと代位弁済となり、住宅ローンの分割での返済ができなくなってしまいます。「期限の利益の喪失」です。そのため、金融機関は「競売」の手続きを開始します。

滞納4~5ヶ月後
裁判所の職員が自宅に来て、室内の写真撮影や事情聴取などが行われます。競売の準備です。

滞納6ヶ月後
「競売期日通知」が届きます。それまでは、何の音沙汰もないので、驚かれることと思います。「競売期日通知」とは、競売が開始となる日時を知らせる通知で、拒否はできません。

住宅ローンを滞納すると、このように話が進んでしまいます。事態が重大化・深刻化してしまう前に、競売を回避することを希望される方がほとんどです。

専門家によっては、任意売却を勧められるかもしれませんが、

まずは、ご自身の収入と支出を把握して、最低限の支払いできる金額を認識してから、銀行等の借入先に相談することを、滞納する前に、検討してください。